一歩ずつ

テレビであるプロスポーツ選手の特集をしていました。
自然に任せて、高みを目指しながら一日を過ごしていく。
一歩ずつ上を目指して歩んでいく姿にはとても感銘を受けました。

この手にしたらどうだろう、あの手にしたらどうだろう、と、常に検討し実践で検証していく。
『千里の道も一歩』からということわざがありますが、まさにその通りだと思いました。
一歩ずつ道を進んでいけば、技術も心も磨かれていきます。

野球で言えば、このカウントでここにボールを投げればどうだろう、このバッターボックスの位置から打てば何か変わるだろうか?と、常に自問自答しながらの作業になると思います。
練習も、何度もバットを振る、何球もボールを投げることで、身体でその技術を習得していく。
一振り、一投球の自問自答を繰り返して、一歩ずつ進んで来た人がより高いレベルまでたどり着けるのでしょうね。

私は、カラオケが趣味であり、歌が上手くなりたいと思っています。
最初はストレス発散のために一人でカラオケに勇気を持って行くことから始まりました。
そして、一人で思い切り歌うのです。
最近は一人カラオケ専用のカラオケボックスもできたりして、一人で行きやすくなる環境ができ始めています。

最初は一人でカラオケに行くのに勇気が必要です。
そして、一人で行けるようになると、次はうまく歌えるようになりたいと考えます。
目標はプロ歌手並みの歌唱力を身につけることです。
目標が決まると、そこから着々と歌がうまくなる練習を積み重ねていきます。

この歌い方はどうだろう、この歌い方はダメだ、と、検証を繰り返しながら歌がうまくなっていきます。
どんなことでも、一歩ずつ進むことによって、野球もうまくなるし、歌を歌うこともうまくなっていくものです。

後は、才能もありますが、一歩ずつ進むことには、誰も変わりありません。

«
»