桜の季節に向かい新しい一歩

桜って見ているだけでなぜかウキウキします。
桜の代名詞が私の中では、出会いの季節、別れの季節、新しい季節という感覚があるからかもしれません。
桜の花は花を咲かせている時間が短いです。

だからこそ、貴重な時間だと思ってしまうのかもしれません。
この花を咲かせている貴重な時間を誰と過ごそうか、誰と盛り上がろうかと考える私。
それが毎年思うのですが、最近では家族と過ごすことが多くなりました。
そして、その桜の花を見る度に思うのです。

「あぁ…もうまた1年歳をとってしまった…」と感じます。
この1年で誰と会ったのか、誰とお別れしたのかとぼっと考えるのですが、自分自身何か新しいものに挑戦しようと思うことをしませんでした。
でも、今年の春は違います。
娘も息子も私の手から離れて学生生活を楽しむようになります。

私も私自身の時間を有意義に使うように、何か目標を持ちたいのです。
今その目標は考え中なのですが、特に資格を取って、社会復帰したいと思っています。
社会復帰って言う言葉を使うほど専業主婦歴が長いわけではないのですが、この育児中だった5年間を楽しみ、今度は自分のために使う時間を充実させたいのです。
新しい自分のリスタートと言ったところかもしれません。

まだ桜の季節ではないのですが、この4月までに自分の興味のある資格を見つけて、大きな一歩を踏み出せたらいいなと考えています。
そして、子どもたちに母親の姿、社会人としての働く姿も見せていきたいと思っています。
とりあえず、その前に5キロ程ダイエットしなくては…と思うのですが、それは少し難しそうです。
早く桜の季節が来ないか、本当に待ち遠しい毎日です。

«
»