海外のグローバル企業で働きたい

私は、将来海外で働くために英語を使った特別クラスに入って、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を身にい着けるようにしています。
英語のサークルにも入って英語だけで会話するばを自ら作るように心がけています。

初めのころは英語で話すことがストレスで、緊張もものすごくしました。
しかし、徐々に慣れて、気が付けば英語で会話することが楽しくてなりませんでした。
日本語で会話するときよりもより自己表現できるようになりました。
また、以前は日本語でプレゼンテーションをするときに緊張していたのですが、英語で訓練することによって大勢の人の前で日本語で発表するときは全く緊張しなくなりました。
そして、留学生の住む交流会館を訪ねて会話をしたり、TOEICの実績を伸ばすために毎日最低2時間はリスニングやリーディングをしています。

とにかく英語は日々の努力です。
プロでも一日さぼると三日後退してしまいます。
継続は力なりです。
多くのグローバルな企業は、一部上場企業が多く、競争率も高いです。
そのさいに採用の基準となるのかTOEICやTOEFLです。
年に三回行われるテストを受けて、意識して勉強すると力も付きます。
しかし、これらの企業ではブラック企業も数多くあるので注意も必要です。
グローバル企業では会議もほとんどが英語です。
英語圏の人とも会議をし、プレゼンもします。
ここでは発音も重要になります。
聞き取りだけできてもこちらの意見を理解してもらえなければ、仕事はできない人間だとみなされ、その分報酬は下げられるでしょぅ。
一方、英語を使いこなし、表現力もあり有能な人材だと認められれば報酬は上がります。

女性だから頑張る仕事
派遣型業務は出先で勤怠管理へアクセス
派遣先での勤怠入力が紙ベースだと不正が発覚しやすいのが現状。iPadやスマホの入力画面からの打刻に変更。
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»