海外のグローバル企業で働きたい

私は、将来海外で働くために英語を使った特別クラスに入って、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を身にい着けるようにしています。
英語のサークルにも入って英語だけで会話するばを自ら作るように心がけています。

初めのころは英語で話すことがストレスで、緊張もものすごくしました。
しかし、徐々に慣れて、気が付けば英語で会話することが楽しくてなりませんでした。
日本語で会話するときよりもより自己表現できるようになりました。
また、以前は日本語でプレゼンテーションをするときに緊張していたのですが、英語で訓練することによって大勢の人の前で日本語で発表するときは全く緊張しなくなりました。
そして、留学生の住む交流会館を訪ねて会話をしたり、TOEICの実績を伸ばすために毎日最低2時間はリスニングやリーディングをしています。

とにかく英語は日々の努力です。
プロでも一日さぼると三日後退してしまいます。
継続は力なりです。
多くのグローバルな企業は、一部上場企業が多く、競争率も高いです。
そのさいに採用の基準となるのかTOEICやTOEFLです。
年に三回行われるテストを受けて、意識して勉強すると力も付きます。
しかし、これらの企業ではブラック企業も数多くあるので注意も必要です。
グローバル企業では会議もほとんどが英語です。
英語圏の人とも会議をし、プレゼンもします。
ここでは発音も重要になります。
聞き取りだけできてもこちらの意見を理解してもらえなければ、仕事はできない人間だとみなされ、その分報酬は下げられるでしょぅ。
一方、英語を使いこなし、表現力もあり有能な人材だと認められれば報酬は上がります。

夏のレジャー

夏のレジャーといえば皆さんなにを思い浮かべますか?
私は小さい頃から家族で海水浴に行ったり、キャンプをするのがとても楽しみでした。

家がお金持ちだったわけでもなく、きれいな洋服をいつも着させてもらえるわけでもなく、家族で自慢できるようなことはあんまりなかったけど、夏休み後の絵日記等で家族と仲良く海水浴やキャンプに行ったことを書いて発表するときはみんなにうらやましがられてとても鼻高々だったのを今でも覚えています。
大人になった今、自分の趣味としてダイビングをはじめてみたいなと思っています。
やっぱり海は人を引き付けるし、いろんな魚と泳いでみたい。体力的にも今がチャンスのような気がします。
あと、最近テレビでフィリピンではジンベイザメと泳げるプランなんかがあると知って、これは是非行ってみたいなと。
自分とは関係ない世界で生きていると思っていたサメと一緒に泳げるのはすごく魅力的。
あと、海外ばっかりに目が行きがちだけど、沖縄の石垣島もダイビングの有名スポットだし、今年の夏はチャレンジしようと思う。

年賀状にイラストなら富士山
年賀状の当選番号
ふるさと小包や切手シートが当たるお年玉くじ付き年賀状の当選番号は既に結果が出ています。コチラで確認を。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»