デジモノ

国内の家電メーカーが軒並み赤字続きだ。
2011年7月のアナログ放送終了とともに、テレビは売れなくなった。
あれだけセールをやっていたのだから、もうだいぶみんな買い換えたのだろう。

売れなくなるのは当たり前だ。
テレビが売れなくなることを見越して、太陽光パネルの販売やスマートフォン用の液晶供給にすでに切り替えていたメーカーと、乗り遅れたメーカーではずいぶん差がついてしまった。

奇しくも2011年7月の前に、東日本大震災が発生し、節電ムードから太陽光パネルの需要が高まったこともあり、余計に差がついたように感じる。
テレビが売れなくなって2年が経ったが、最近コンパクトデジタルカメラの価格下落がすごい。

セールではなく、新作から3万円を切っているものがある。
発売からしばらくすると価格が落ちていたが、それでも売れないからどんどん下落している。
デジカメもテレビ同様、すぐに壊れて買い換えるものではないので、しばらくは売れない状態が続くであろう。

1000万画素を超えたあたりから、消費者の期待も薄れて「だいたいどのメーカーのカメラも綺麗に写る」と分かってきたため、スペックの違いに驚かなくなった。
今使っているコンデジは2012年の初売りで1万円ほどで購入したもの。

発売からわずか半年で4分の1に価格が下がったものだった。
カメラが売れなくなると見越して、フィルム開発のノウハウを活かしてコラーゲンスキンケア事業を展開しているフィルム会社があるが、アンチエイジング意識の高まりもありこちらも順調だ。
何の業界でも、「うちの主力製品が売れなくなる日」から目を反らさずに違う事業を始めることが大事なのだ。

«
»