忘れて欲しいバレンタイン

幼稚園の頃からすでにバレンタインデーという概念があったので、2月14日とチョコレートについての思い出がたくさんあります。
気になるのは、あの頃渡したチョコレートのこと、どれくらい覚えているのだろう?ということ。

さすがに小学校までのことは、渡した本人である私もうろ覚えです。
チョコレートを溶かしたボールを洗うのが大変だと母親に愚痴られたことしか記憶がありません。
問題は中学校以降。

数日前から当日のことまで事細かに覚えています。
同窓会で顔を合わせるたびに、お願いだから笑い話として「そういえばチョコレートくれたよね?」と話し出すなよ!と念じてしまいます。
私が忘れて欲しいバレンタインデーの思いでは、中学3年生の2月14日。

ハートのチョコパイを作りました。
簡単で失敗の少ないレシピだったため、とても上手にできて、ラッピングも本を参考にしました。
いつもとは違う2月14日の放課後の雰囲気。

大人気だった男の子に渡して、「またね!」という感じで焦って帰ったのを覚えています。
別に告白したわけでもないのですが、後日第三者を通じて聞いたことにショックを受けました。
美味しかったけど、あれ手作りじゃないよね?ということ。

その男の子と一緒に下校していた男子が、上手く焼けていたパイを見て「お店のパイでしょ、これ!」と言ったそうだ。
そのせいで、私はお店のパイをまるで自分が焼いたようにラッピングして渡した女だと広まりました。
今考えると「違うよ〜!手作り!」と後日なにげなく言えば良かったものの、なんだか茶化されたようでショックを受けました…。

そんな些細なエピソードですが、本人はどれくらい覚えているのか気になります。
諸々のエピソードの記憶がごっそりと無くなっていればいいのに。

»