相談なのか誘惑なのか

今でも覚えている。
その夜は本が読めるほど、目の前に人間がいたら表情の子細まで読み取れるほどに明るく大きな、満月が出ている夜だった。

そんな大きな月の下で僕たちは初めて顔を合わせた。
小柄で痩せていて、中々に可愛い女性だった。
年齢は二つ上らしい。
胸は小ぶりだが痩せているだけではなく体型が綺麗で、きっとモテるんだろうなと思わせる女の子だ。

だがそれ以上に目を引いたのは、肌が透けているのではないかと錯覚する程に白く美しいのだ。
アパートについてお茶を飲みながら、僕は彼女の肌の美しさをしきりに褒めた。

それを喜んでくれた彼女は喜んでくれたのか、言いづらいであろう悩みをすんなりと話してくれた。
それは、恋人と初めてのセックスを迎えるにあたって自分の身体は恥ずかしいものではないか?
というものだった。

恥ずかしいことがあるか。
はっきり言って君は美しい部類に入る女性だと言い切れる。
僕は美人でも自分に自信が持てないこともあるのだなと思いながら力説した。

ならばと、彼女は自分の裸体を見てもらえないかと言った。
もちろん驚いた僕はどうしたらいいか分からなかった。

無修正動画
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集
dougahakkutsu.com/

«
»