恥ずかしい話ですが、以前は簡単な漢字も思い出せないことが多かったんです。
読めても、書けない。
文章を作成する際はパソコンを使用することが多いので、文字を手で書くということが減ってしまったんですよね。
このままではマズいと思い、一念発起して漢字検定に挑戦してみました。
漢検は級がいくつか分れていて、何級を受けるか悩んだのですが、2級が高校卒業レベルということだったので、2級に挑戦してみました。
漢字検定の公式テキストは、確か3種類くらいあったような気がします。
1冊1000円以上するのですが、中古でも構わないということで、古本屋で1冊100円でゲット♪
空き時間を見つけて早速取り組んでみました。
初めてテキストの問題を解いた時は、思っていた以上に解けず、これで間に合うのかなと不安でした(勉強を始めたのは本番の2週間前)。
ですが、解けなかった問題に印を付けておいて、そこを重点的に復習したら、二度目からは最初に分からなかった問題もするすると解けるようになり、三度目はほぼ全問正解でした。
漢字の勉強の面白いところは、全く知らない言葉ではないということです。
外国語とは異なり、日常的に接しているからだと思うのですが、覚えるのが早くて、勉強も楽しかったです。
おかげさまで、無事に2級も受かることが出来ました。

次は何の検定に挑戦しようか悩み中です。
漢検の準一級を受験することも考えたのですが、違う種類の検定に受けたいという気持ちの方が強いです。
パソコン検定も役立ちそうですよね。TOEICなんかも受け直してみたいなと思います。